ぴかぴか(新しい)一休の愛する役者達ぴかぴか(新しい)

2015年11月17日

宮島と仙酔島の旅(7)

島の真ん中辺にある「仙人が丘」
仙人があまりの美しさに酒を飲みすぎ、寝込んでしまった所を人間に見られ、恥ずかしくて、以来、仙人は姿を消した、とか。
アスレチックの脇あたりから登れます。201510-100.jpg
この先、結構な急坂。201510-101.jpg

いや〜〜〜見事ですわ 201510-104.jpg 201510-103.jpg 

暫く座っていましたが、ご覧の通りの晴天で、日差しが強いので降りることにしました。
ここからの夕陽が綺麗だそうです。

いよいよ、聖地(?)へと参ります。

平清盛は、厳島神社を、最初この島に建てようとしました。
でも、敷地の狭さから断念し、宮島に建立しました。
そういう島ですもの、心地良すぎます。
地図の右下にあります、「閃きの門」がそれです。


201510-106.jpg 201510-108.jpg 

浜の前にある下加美島は、引き潮の時は、浜と繋がります。201510-107.jpg

この浜は「彦浦」と言いますが、ここに座って瞑想すると、自分の役割・役目に気づく と言われているそうです。
そして、「ここに座れ」とでも言っているかのように、丸太が・・・・

201510-111.jpg 201510-112.jpg
こんな素敵な浜に誰もいないなんて・・・・ じゃ、座る!!!
はぁ〜〜〜何て気持ちがいいんでしょ

この浜から「烏の口」という展望台に行けます。
そこからの朝日が、日本で一番最初に昇ると言われているそうです。
この展望台は屋根があるので、いつまででも居られるわ。201510-109.jpg 201510-110.jpg

気が付けば、「烏の口」と「閃きの門」に2時間くらいいたかな。
誰にも邪魔されないで、心行くまで・・・って感じ。

おっと、そろそろ国民宿舎の温泉に行こう。
海水風呂に入るんだ! 201510-115.jpg

後で気づきますが、「よもぎの湯」が筋肉痛に効いたみたいで、跡形も無かったわ。
大神神社の磐座に登った時も、こういう風呂があったら良かったのにな〜〜

<つづく>
posted by ikkyubozu at 20:05| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。